都市の景観にマッチした自立立体駐車場

写真を撮るのもおすすめ

配送車両のラッピング塗装効果

time 2021/09/21

配送車両のラッピング塗装効果

ビジネスの形態は多様ですが、それらを分類する区分として、顧客層で分ける方法があり、単純I記号化した略語で、B2B、B2Cなどがあります。BはビジネスのB、2はそのまま、toと読み、Cは一般消費者を意味するコンシューマーの頭の一文字です。つまり、B2Bは企業を相手にしたビジネス、B2Cは一般消費者を相手にしたビジネスのことを指しています。配送車両を使うビジネスの場合、B2Cが頭に浮かびますが、企業対象のB2Bでも、新規顧客の獲得は企業成長に欠かせません。

配送車両を自前で持つことは、資産の取得費や管理コストがかかる一方で、短時間やタイムリーな配送などを強みにすることができます。また、配送車両を会社名や広告でラッピングすることで、走行によって幅広く認知される効果があります。ラッピング車両の視覚的認知効果は、インターネット広告やチラシなどでは及ばないアピール力がある一方、ラッピング自体は、最初にかかる費用のほかは、通常の車の維持費と変わることはありません。また、ラッピング車両は、会社の看板を常時背負って走っていることになるので、運転マナーや駐車マナーが悪くても目立ってしまいますが、よいマナーで運転することで、会社の姿勢を、広告費をかけることなく宣伝し続けることができます。

競争が激しい小売業界なら、自社配送車両による、ていねい・迅速な配送は顧客にとっても、余剰在庫を持つ必要がなくなるメリットがあります。

down

コメントする