都市の景観にマッチした自立立体駐車場

写真を撮るのもおすすめ

フラット式などの自走式立体駐車場の特徴

time 2021/10/03

フラット式などの自走式立体駐車場の特徴

自走式立体駐車場の中でもフラット式は、最も標準的で採用されている施設も多いのが特徴です。フラット式は、スロープで各階を連結した形になっている自走式立体駐車場で、床そのものが平坦な構造ですから車いすやショッピングカートなどの移動でも楽にできるメリットを持ちます。また、ベビーカーでの移動も容易に行えますので大型ショッピングセンターなどのような商業施設で利用されていることがわかるのではないでしょうか。ショッピングセンター以外にも、ホテルや病院などの施設でもフラット式タイプの自走式立体駐車場が採用されているなど、普段何気に利用している商業施設の駐車場がフラット式といっても過言ではありません。

フラット式に対して、床全体が緩やかな勾配を持ち螺旋状に傾斜を持つのが連続傾床式です。連続傾床式は、スロープだけでなく駐車スペース部分も傾斜していますのでフラット式のようなスロープが要らないため1台あたりの面積効率が高いなどの特徴を持っています。商業施設などで利用されるケースは少ないのですが、コストパフォーマンスに優れた自走式立体駐車場などからもマンションや有料駐車場、企業の従業員用駐車場などで活用されるケースが多いようです。スキップ式は、半階分だけ移動すれば駐車スペースになるタイプでスロープを短くできるメリットがあります。

フラット式よりもスロープが短くなりますので、駐車効率に優れていることや連続傾床式と比較すると床の傾斜は水勾配程度などの特徴を持つ自走式立体駐車場です。自走式立体駐車場のことならこちら

down

コメントする