都市の景観にマッチした自立立体駐車場

写真を撮るのもおすすめ

自走式立体駐車場について説明します

time 2021/10/09

自走式立体駐車場について説明します

ここでは、自走式立体駐車場について説明します。駐車場と各フロアがつながっています。フロア全体が見えるので、フロア数の把握や駐車位置の確認が簡単です。また、駐車スペースがフラットなため、車いすやショッピングカートを利用可能です。

乳幼児やお年寄りの歩行時に安心してご利用いただけます。自走式立体駐車場の床は半階ずれており、車線(スロープ)でつながっています。敷地内に高低差がある場合や敷地が狭い場合に効果的です。駐車場の床全体が4%以下の緩やかな傾斜で傾斜しており、駐車スペースと車線(傾斜)を兼ねています。

フラットタイプやスキップタイプに比べ、駐車効率が良く駐車スペースの確保も容易です。地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」への対応日本は、2030年の地球温暖化影響ガスを2013年から46%削減するという目標を設定可能です。これを実現するために、「基本エネルギー計画」の見直し「地球温暖化対策防止法」の改正、「地域脱炭素ロードマップ」の策定があります。グリーンなどの官民連携による対策を実施しています。

太陽光発電システムを設置することで、自走式立体駐車場で使用する電力を自家発電で賄うことができます。余剰電力が発生した場合は、隣接する自社施設やEV充電に利用することが可能です。災害等により停電が発生した場合、緊急時の電源として利用でき、地域の一時避難施設としての利用やBCP(事業継続計画)機能の強化に繋がります。また大和ハウス工業グループは、再生可能エネルギーで発電したグリーン電力を夜間の電力として購入することが可能です。

施設所有者が提供する敷地や屋根などの空間で太陽光発電設備を所有・管理する会社です。ここが(PPA事業者)が設置した太陽光発電システムにより発電された電力は、施設のパワーユーザーに送電可能です。

down

コメントする