都市の景観にマッチした自立立体駐車場

写真を撮るのもおすすめ

自走式立体駐車場とは

time 2021/10/15

自走式立体駐車場とは

自走式立体駐車場とは立体駐車場の一つですが、車を停めようとするドライバー自身が施設内まで運転し、所定の駐車スペースに自分自身で駐車するタイプのものを指します。立体駐車場の中には、マンションや商業ビルなどで良く見られる形態ですが、1階に入り口が設けられていて、ドライバーは車をパレットの上に載せるところまで行い、降車後に機械が動いて車をパレットごとゴンドラか何かのように上層階に運ぶタイプのものもあり、こちらは機械式立体駐車場と呼んで区別しています。自走式立体駐車場であれば、ドライバー自身が運転するわけですから、駐車場側にはさほど重厚な設備などを必要としない特徴があります。つまり、パレットやゴンドラなど必要ありませんし、車を載せた状態でそれを動かすための機械装置も不要ということになります。

車種にもよりますが1トンとかそれ以上の重さがある車を載せ、安全に運ぶとなるとそれなりにしっかりとした設備が必要となることはすぐに分かりますから、そのようなものが不要な自走式立体駐車場にはメリットがあるわけです。ただし、施設内であっても車を走らせることのできる通路スペースが必要なことは理解しておかなければなりません。自走式である以上は通路が必須なわけですが、駐車場本来の目的である駐車スペースはその分だけ減ってしまうことになります。どちらが有利になるかは条件によって異なりますから、慎重に判断することになるでしょう。

down

コメントする